ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった その伝説と実像 音楽之友社

オーストリア音楽批評界の重鎮 カール・レーブル最後の著書

会員登録(無料)でポイントやクーポンがご利用頂けるようになります。

会員登録はこちら

ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった その伝説と実像 音楽之友社


商品番号: 125386


新品

商品名 ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった その伝説と実像 音楽之友社


メーカー希望価格 2,035円(税込)


販売価格 2,035 (税込)


在庫 現在、品切れ中です


商品説明

音楽之友社
ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった その伝説と実像【書籍】

オーストリア音楽批評界の重鎮、カール・レーブルによる最後の著書。27歳でアーヘン歌劇場の音楽総監督に就任し、ついには楽壇を支配するまでに上り詰め、そして生前の華々しい成功からは想像できないほど簡素な墓に葬られる日まで、クラシック音楽界の未来を見据えて生き続けたカラヤン。著者自身の思い出、カラヤンと同時代を生きた人々の賛嘆や反感の声、当時の記録や資料等をもとに、本書は伝説と実像を区別しつつ、20世紀最大の指揮者の知られざる素顔、本質を描き出している。長年にわたり新聞や雑誌、テレビ等で人気を博した著者が、冷静ながらも温かな眼差しで綴った文章は読みやすく、指揮者の代名詞的存在であるカラヤンを知る第一歩としても最適な内容。またカラヤンを通して表層には出づらい当時のクラシック音楽業界の裏側なども垣間見ることができる。クラシック音楽ファン以外にも、彼をリアルタイムで知らない若い世代にもオススメの1冊。

【目次】
神様
彼はナチではなかった
偉大な彗星
フルトヴェングラーの嫉妬
ヨーロッパの音楽総監督
ボスのための新しいハコ
テレビ戦争
最初のウィーンからの逃走
ユダのキス
ジュネーブがザルツブルクになる
誰がヴォータンだ?
スターが言ったこと
カラヤン、カラヤンを演じる
レッドカーペットの汚れ
ザビーネ・マイヤー事件
晩年
指揮者としてのカラヤン
演出家としてのカラヤン
人物像
側近
最後の日々

カール・レーブル 著/関根裕子 訳
【判型・頁数】 4-6・184頁
【ISBNコード】 9784276203792

JANコード:9784276203792

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)


売れ筋ランキング

ブランドを選ぶ

絞り込み条件に追加するブランドを選択してください。

×

A - D

E - H

I - L

M - P

Q - T

U - Z

0 - 9

あ - ん

リセット

選択したブランドを条件に設定する

カテゴリを選ぶ

絞り込み条件にカテゴリを選択してください。

×



リセット

選択したカテゴリを条件に設定する

×

×

ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった その伝説と実像 音楽之友社