365セール

RG-175 J.B.ルイエ ソナタ イ短調 作品4-12 リコーダーJP

リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品4

会員登録(無料)でポイントやクーポンがご利用頂けるようになります。

会員登録はこちら

RG-175 J.B.ルイエ ソナタ イ短調 作品4-12 リコーダーJP


商品番号: 107784


新品

商品名 RG-175 J.B.ルイエ ソナタ イ短調 作品4-12 リコーダーJP


メーカー希望価格 990円(税込)


販売価格 990 (税込)


在庫 現在、品切れ中です


商品説明

リコーダーJP
RG-175 J.B.ルイエ ソナタ イ短調 作品4-12【楽譜】

★冊子…A5サイズ 20ページ
・リコーダーパート譜
・伴奏譜(スコア)
・曲目解説

★CD…1枚
収録内容
(1)各楽章につきモダンピッチ(A=440Hz)の伴奏
(2)各楽章につきバロックピッチ(A=415Hz)の伴奏
(3)各楽章につきリコーダーの演奏を合わせた演奏例
(4)ボーナストラックとして各楽章につき(1)と異なるテンポによる伴奏をいくつか収録
※チェンバロ伴奏演奏はすべて石田誠司(デジタルサンプリング音源使用)

★解題★
J.B.ルイエ(1688?~1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品4」は、1700年代の早いころ、作品1・作品2・作品3につづきアムステルダムで出版されました。

★解説★
4つの楽章から成り、緩・急・緩・急・の構成です。

第1楽章はラルゴ(広びろと)、4分の4拍子です。付点リズムを含む、複雑なリズム型をふくんだテーマを扱います。最初にテーマを示したときはフレーズ末尾をきれいに終始させていますが、以後は終止の音が次のフレーズの開始にもなるようになっていて、ずっと落ち着くことなく歌いついで行きます。

第2楽章はアレグロ(快活に)、2分の2拍子です。まず通奏低音にテーマが示され、これが5小節というやや長い前奏のようになります。キビキビした主題を扱う第1の部分が終わると、ハ長調に転じ、かなりたっぷりとテーマの展開を行う第2の部分があります。そして Da Capo の指定により第1の部分をもう一度演奏して終わります。

第3楽章はアダージョ(ゆっくりと)、2分の3拍子。ハ長調でゆっくりと歌っていきます。後半には、フレーズが終わるのかなと思うと次へ歌い継いでいくことによって形成された非常に長いフレーズが現れ、遺憾なく歌い切って終わります。

第4楽章は再びアレグロで、4分の3拍子です。八分音符で流れていく音楽なのかと思っていると、三連符が絡むようになり、さらに後半部に入りますと、16分音符がどしどし出てきますので、油断していると泡を食います。八分音符主体の前半をそこそこのスピード感で演奏するには、後半部の16分音符にはダブルタンギングを用いる方針で臨むしかないでしょう。

編著者:石田誠司
ISBNコード:9784862666000
JANコード:4571325246474

JANコード:4571325246474

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)


売れ筋ランキング

ブランドを選ぶ

絞り込み条件に追加するブランドを選択してください。

×

A - D

E - H

I - L

M - P

Q - T

U - Z

0 - 9

あ - ん

リセット

選択したブランドを条件に設定する

カテゴリを選ぶ

絞り込み条件にカテゴリを選択してください。

×



リセット

選択したカテゴリを条件に設定する

×

×

RG-175 J.B.ルイエ ソナタ イ短調 作品4-12 リコーダーJP