検索検索> キーワードを入力 カートを見る
クレジットカード

>ホーム   >>楽譜 スコアー 音楽書    >>>クラシックピアノ(ラ)   

ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調 左手のためのピアノ協奏曲 音楽之友社

2曲の相関関係を解き明かす「相関図」とその説明を掲載
商品名
 
ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調 左手のためのピアノ協奏曲 音楽之友社
商品番号
98362
在庫
メーカー確認
定価2,808 円を
価格(税込)
2,808 円  Point 28ポイント還元
カゴに入れる

この商品についてお問合せ
商品説明
音楽之友社
ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調 左手のためのピアノ協奏曲【楽譜】

1928年に大成功を収めたアメリカ演奏旅行の後、2度目の演奏旅行を計画した作曲家が自作自演するために着想した「ト長調」と、第一次世界大戦で右腕を失ったウィーンのピアニスト、パウル・ヴィトゲンシュタインの委嘱で書き下ろされた「左手」は、1929年から翌30年に掛けてほぼ同時に作曲が進められた希有な作品群。二つの作品は一見(一聴)まったく異なる指向のもとに書かれたように見える(聴こえる)。小編成オーケストラによるモーツァルト時代の協奏曲、急緩急で駆け抜ける、軽やかな見世物小屋の雰囲気を醸す「ト長調」。ソロ・パートの音響的なバランスに配慮し、3管編成の堂々たる体躯で書かれ、低減のうごめきの中から現われるソロが、続けて演奏される緩急緩の最後には、明瞭な音像が水面上に表わす「左手」。この、きわめて個性的な特徴を持った2曲は、当時の作曲家の頭を占めていたアメリカ旅行の“残像”(ジャズやスピリチュアル、ニューヨークの高層建築群など)が、色濃く反映されている。細かく見ていくと、音程構成の酷似、リズム構造の特徴、ブルーノートへの傾斜、などが共通して指摘される。既刊『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』に続いて、楽曲解説を担当した筆者は、作曲家でありピアニストであるという意味で、ラフマニノフやラヴェルと同じ地平で、作品の成り立ちを“読める”人。ここに展開されているのは後づけの分解ではなく、作曲家がさまざまな音素材からどのように作品を組み立てたか、が、わかる文章と言えるだろう。すべての譜例は、捉えやすい大譜表に移し替えられ、読者の理解を助ける。「ト長調」「左手」それぞれの解説の最後に、この2曲の相関関係を解き明かす「相関図」とその説明を掲載する。この2曲を聴くときに、別の展開が頭のなかに鳴り響いてしまってもおかしくない不思議さが、ここで明かされるかもしれない。

曲目
1 ピアノ協奏曲 ト長調
2 左手のためのピアノ協奏曲

【判型・頁数】 A5・232頁
【ISBNコード】 9784276921559

商品レビュー

※ログインすると、商品レビューを書き込めます。


この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL
  • QQ
  • FOEHN
  • RAINBOW
  • SD GAZER
  • Dicon Audio
  • Silk Road
  • FAQ
  • Recruit 求人案内
  • レビュー機能登場
  • 新着楽譜
  • chuya-online CHANNEL
  • 6月6日は楽器の日
Copyright © 2006 chuya-online.com All Rights Reserved.
ご利用案内特定商取引に関する法律に基づく表示利用規約プライバシー規約ポイント規約登録情報確認・変更お問い合わせ