検索検索> キーワードを入力 カートを見る
クレジットカード

>ホーム   >>楽譜 スコアー 音楽書    >>>教則本/教則DVD(作曲)   

聴くだけ作曲入門 藤巻メソッド CD-ROM付 ヤマハミュージックメディア

より音楽的な曲を作るまでを音声と紙面でばっりち解説
商品名
 
聴くだけ作曲入門 藤巻メソッド CD-ROM付 ヤマハミュージックメディア
商品番号
95660
在庫
メーカー確認
価格(税込)
2,160 円  Point 21ポイント還元
カゴに入れる

この商品についてお問合せ
商品説明
ヤマハミュージックメディア
聴くだけ作曲入門 藤巻メソッド CD-ROM付【入門書】

作曲の基本から、スケールや旋律など、より音楽的な曲を作るまでを、音声と紙面でばっりち解説。
付属DVD-ROMに収録されている音声番組と本文が完全連動しており、繰り返し聞くと作曲がよりわかるのが特徴だ。
この本で、作曲に必要な"コード"を正しく理解できるはず。
『コード作曲法』から続く藤巻メソッドの集大成。

音楽を作る上で問題となるのが「音の濁り」です。
その原因のひとつとして「アボイドノート」(Avoid note)があげられます。
あるコードに対して「避けるべき音」がアボイドノートです。
皆さんは「CM7」というコードネームを見て、どのように思うでしょうか? 
このコードはハ長調のコードですが、ト長調のコードでもあります。
しかし、ハ長調のCM7 とト長調のCM7 は、同じものではありません。
ハ長調のCM7ではアボイドノートがありますが、ト長調のCM7にはアボイドノートがありません。
なぜ同じコードなのに違いがあるのか? これは一体どういうことなのか?
このような違いについて、本書ではていねいに解説をしていきます。
本書の目的は「コードを正確に理解し、アボイドノートを克服すること」にあります。
アボイドノートは、強拍においたり長押し演奏したりすると
音の濁りを生じやすくなりますが、逆に「音の堆積」の仕方によっては
利用できる場合があるのです。
また、ジャンルや曲調によっても、問題とならない場合があります。
つまり、アボイドノートを「避けるだけ」でなく「活かせる方法もある」
ことについて本書では迫っていきます。
「本書を読み進める前に」より

■chapter 0 基本的な音楽用語や音の動き
1 五線の仕組み
2 鍵盤の仕組み
3 和音の仕組み
4 調性の仕組み
5 倍音の仕組み

■chapter1 7つのコードとテンション
1 7つのコードとは?
2 コードの進みやすい方向
3 “コード付け” なんて怖くない!
4 テンションとアボイドノート

■chapter2 音の進みやすい方向
1 音程
2 コードの転回形
3 コード(垂直音程)からフレーズ(水平音程)へ

■chapter3 コードネームの書き方
1 コードネームをつけてみよう!
2 ハ長調のコード・バリエーション
3 同じコードネームでも足せるテンションは異なる
4 12の調のダイアトニック・コードを把握しよう!
5 コードトーンおよびテンションの音程関係
6 コードネームの答え合わせ

■chapter4 美しい音の堆積
1 自然倍音列を眺めてみよう!
2 音の堆積を眺めてみよう!
3 ローインターバル・リミット
4 五度堆積によって現れる短九度の音程
5 短九度音程に潜む減五度
6 四度堆積和音

■chapter5 旋律を生み出す方法
1 メロディの自然な抑揚
2 メロディを実際に生み出してみよう
3 メロディとコードを同時に生み出してみよう

■chapter6 旋律に和音をつけてみよう
1 コードトーンの共通性
2 コードワークの可能性
3 バスによるメロディの意味合いの変化
4 コードワークによるメロディの聴こえ方の違い
5 主音だけを使用したメロディに対するコードワーク

■chapter7 近親調のコードたち
1 「ロンドンデリーの歌」にコードをつけてみよう!
2 ハ長調の近親調
3 共通音を認識してみよう
4 近親調のコードを絡めてみよう
5 「ロンドンデリーの歌」コード付けのヒント

■chapter8 ドミナント・コードを極めよう
1 ドミナント・コードとスケールの関係
2 トニックCへ戻れる3つのドミナント
3 ドミナント系分数コード
4 裏コード
5 ディミニッシュ・コード
6 「ロンドンデリーの歌」へのコード付け

■chapter9 さまざまな表現の可能性
1 コードによる表現の可能性
2 音色による表現の可能性
3 フレーズやテンポによる表現の可能性

■chapter10 音階から派生する旋法
1 ハ長調の7つの音から派生する7つの旋法
2 音律の変遷と旋法の関係
3 7つの旋法の使用例

■chapter11 コードに対するスケールの可能性
1 耳の傾向と使用可能なスケールの判断
2 使用可能なスケールの検証
3 なぜブルーノートを用いることができるのか?
4 ブルース・スケールの活用法

■chapter12 曲を完成させるための発想と着眼点
1 アレンジを進める際の注意点
2 デモソング1を仕上げる
3 デモソング2を仕上げる

仕様 B5変型判縦/144ページ
商品構成 書籍
JANコード 49-47817-248323
ISBNコード 978-4-636-90931-9
著者 藤巻 浩
楽器 作曲

商品レビュー

※ログインすると、商品レビューを書き込めます。


この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL
  • QQ
  • FOEHN
  • RAINBOW
  • SD GAZER
  • Dicon Audio
  • Silk Road
  • FAQ
  • Recruit 求人案内
  • レビュー機能登場
  • 新着楽譜
  • chuya-online CHANNEL
  • 6月6日は楽器の日
Copyright © 2006 chuya-online.com All Rights Reserved.
ご利用案内特定商取引に関する法律に基づく表示利用規約プライバシー規約ポイント規約登録情報確認・変更お問い合わせ