検索検索> キーワードを入力 カートを見る
クレジットカード

>ホーム   >>エフェクター    >>>JHS Pedals   

JHS Pedals Emperor 500 アナログモジュレーション

BBD素子を採用したアナログ・コーラス/ピッチヴィブラート
商品名
 
JHS Pedals Emperor 500 アナログモジュレーション
商品番号
151948
在庫
メーカー確認
価格(税込)
82,080 円  Point 820ポイント還元
カゴに入れる

この商品についてお問合せ
商品説明

【関連タグ】
#JHS Pedals / #モジュレーション

JHS Pedals Emperor 500 アナログモジュレーション

Emperor 500 は、本物の BBD (Bucket Brigade Device) 素子を採用したアナログ・コーラス/ピッチヴィブラートで、タップテンポ、エクスプレッション・フットコントロール、ウェーブフォームセレクトといった機能も搭載しています。1980年代のヴィンテージの Arion SCH-1 コーラスサウンドをきっかけに開発がスタートし、設計とエンジニアリングは “3207チップセット” を採用したリアルな BBDトーンをさらに高めたものになっています。キーボード、ドラム、ギター、ベース、ボーカルやその他の様々な楽器に対して使用できる、ランチボックス内のヴィンテージ・モジュレーショントーンの核となることでしょう。ヴィブラートからコーラス、オルガンのレスリー・トーンまで、Emperor 500 で全てをカバーすることが可能です。



Knobs and Controls
Emperor は Volume、Mix、Tone、Speed、Depth の5つのコントロールノブを搭載しています。Volume コントロールは、入力信号のカット/ブーストを調整します。Mix コントロールは、エフェクトのかかっていないドライシグナルと、コーラスもしくはヴィブラートシグナルの相対的なバランスをコントロールします。Tone コントロールは、オリジナル SCH-1 のトーンスタックのバリエーションですが、より良いスウィープとフォーカス、そしてレンジ得るために調整されています。Speed コントロールは、モジュレーションのタイム/スピードをコントロールします。タップテンポスイッチは Speed コントロールと連動しており、Speed コントロールの設定をリアルタイムでコントロールすることが可能です。また、エクスプレッション・フットコントローラーを使用して LFO のランピングのスピードをコントロールすることもできます。Depth コントロールはモジュレーションの強弱を調整します。



Toggle Switches
フロントパネルには4つのトグルスイッチが搭載されています。Engage/Bypass スイッチは、ユニットの ON/OFF を切り替えます。Chorus/Vibrato スイッチでは、コーラスモードとヴィブラートモードの切替を行います。Waveform
スイッチは、モジュレーションのウェーブフォーム (波形) を正弦波 (Sine)、矩形波 (Square)、三角波 (Triangle) の3パターンから選択することができます。3つのウェーブフォームはコーラスモード、ヴィブラートモードそれぞれで切り替えることで合計6パターンの異なるモジュレーションセッティングが可能です。EXP/TAP スイッチは、フロントパネルの EXP/TAP ジャックにエクスプレッションペダルを接続するか、外部タップテンポスイッチを接続するかを選択します。



Emperor 500 のこれらの機能は、あなたが今まで必要としていたすべてのモジュレーション・グラウンドをカバーすることができる強力なトラッキング/ミキシング・ユニットです。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品レビュー

※ログインすると、商品レビューを書き込めます。


この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL
  • QQ
  • FOEHN
  • RAINBOW
  • SD GAZER
  • Dicon Audio
  • Silk Road
  • FAQ
  • Recruit 求人案内
  • レビュー機能登場
  • 新着楽譜
  • chuya-online CHANNEL
  • 6月6日は楽器の日
Copyright © 2006 chuya-online.com All Rights Reserved.
ご利用案内特定商取引に関する法律に基づく表示利用規約プライバシー規約ポイント規約登録情報確認・変更お問い合わせ